ねずみと巨獣

小柄で無口で無表情、いつも黒ずくめの服装の同僚女性吉舎さんと、大柄強面のおれ峨津葉は、ひょんなことから行動を共にすることが多くなる。そしてそのたびもれなく、妙な事件がついてくるのだった。

密室状態の社長室で頭を打っていた得意先の社長。果たして事故か自殺か傷害か? 

ストーカーにつきまとわれていた同僚女性がビルに監禁されて助けを求めてきた。その階段下に転落していたストーカー男。転落させた犯人とその方法は? 
凸凹コンビが事件に巻き込まれる、ユーモアミステリ。
(第23回鮎川哲也賞最終候補)

ねずみと巨獣


レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電子書籍出版 クリスタルウインド
平均評価:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です