水脈にみずなきときへ

奇数章―誰も触れないのにいつの間にか汚れた絵、授業中に行き交う暗号文書。小学六年の小杉可奈のクラスは、妙に落ち着かない。倉庫への閉じ込め事件。インターネットに流出した盗撮動画。

偶数章―会社勤務二年目の早川祐里子は新しい業務に情熱を注ぐが、徐々に歯車が狂い始めていた。何が起こっているのか?

二つの章は、どこで重なるのか? 何が、誰の意志による結果なのか? 謎が交錯する、凝った構成のミステリ。

水脈にみずなきときへ


レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電子書籍出版 クリスタルウインド
平均評価:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です