短篇集 ゆうれいって、いるんですか? 作者からのメッセージ 2

短編集 『ゆうれいって いるんですか?』 あとがきのようなもの 二

 先週は表題作『ゆうれいって いるんですか?』を書くに至った経緯を書きましたが、
 今回は『天国のパスポート 策』と『天国のパスポート 善』について。 

 この作品を書いた裏話をする前に、どうしても言っておかなければならないことがある。

 それは僕の小説の作り方の話です。

 実は僕が物語を作る最初の工程は、題名なんです。

 ほとんどの作品は、僕の頭の中でひらめいた題名から始まっているんです。

 何か面白そうな題名を思いつく→ その題名にふさわしい話は何なのか考える→
  思いついた物語の起承転結をあれこれと練る→ 練り込めたら書いてみる→
 書き切れなかったらボツ、書き切れたら○

 というような作業なんです。

 これはすべて頭の中の作業です。

 作品の構成をメモに書いたり、登場人物のキャラクターや人数など
 すべて頭の中で作り上げます。

 ですから下書きやメモなどはほとんどありません。

 こんな作り方ですので、書いてるうちに登場人物の数や個性や物語の進行に
 つじつまの合わない事が多々起きます。

 ですからそれまでに書いたものを何度も読み返して、続きを書くわけです。

 別の仕事を持っているわけですから、毎日書けるわけではありません。

 日にちをおいて書くことは、それまでに書いていたものとの整合性をとることが難しいのです。

 だって、それまでに書いていたことの半分ぐらいは忘れているのですから。

 特に僕の場合、執筆する時間は深夜です。それも夜中の2時、3時から。

 書きながら酒も飲んでいるので、当然書いた内容などの大半は起きた時に忘れているのです。

 そんなことを何日も繰り返しながら、一つの作品が生まれます。

 けっこうしんどい日々なのですが、一つの作品を書き上げた時の達成感は半端ではありません。
 快感、快楽、オルガスムス、自画自賛・・・  そして虚脱感・・・

 一つ作ると、しばらく次の作品には手が付けられないのです。

 それが『天国のパスポート』という題名が、僕の頭に浮かんだ時、
 いきなり2つの物語が出来上がったのです。

 この続きは次週に・・・

                               きあき秀行



短篇集 ゆうれいって、いるんですか? – 電子書籍出版 クリスタルウインド



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です