馬鈴薯と漬け物

4月27日早朝、二科公果は北海道東部槽状樹町の農業体験ツアー案内のため、札幌のバス発車場にいた。

2泊3日の体験ツアーで次々起こる、クレカ詐偽、農家の火災、携帯電話盗難、一家心中未遂、などの事件。その謎を公果の兄と会社の同僚女性が、明かしていく。

ツアー打ち上げの昼食会で、刑事も交えた議論は他所で起きた殺人事件にまで広がっていった。それまで気にしなかった些細な出来事が、思いがけず複数の殺人事件の解明に結びついていく!

個性的な人物がさまざまに交錯する、長編ユーモアミステリ。
(第26回鮎川哲也賞最終候補)

この作品については、「ねずみと巨獣」を先にお読みになることを推奨します(必須ではありません)。

馬鈴薯と漬け物


レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電子書籍出版 クリスタルウインド
平均評価:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です