きあき秀行からの告知

  新作の短編集の発表から半年ほどが経過しました。
 そろそろ次回作を考えなければならない時期だと思いましたが、 そんなに簡単には新しい物語はできません。

 書くことには慣れてきましたし、複数の構想はあるにはあるのですが、 まだまだ形になっていないのが現状です。

 そこで読んでくれた人には、評判の良い『リバイバル - 再生』を クリスタルウインドから再出版したいと思います。
 10年ほど前に文芸社から全国出版されたもので、
 舞台の札幌、大阪、和歌山、奈良と現地取材をしてきた力作です。

 占い師の実情と小説的なフィクションを織り交ぜた、サイキック・ロマン という聞き慣れないジャンルの作品になっています。

 人生は決められたものなのか、はたまた劇的な変化と言うものがあるものなのか。
 話の中で主人公は負け犬の人生から生きる証を見つけていきます。  
 そしてこの世界の未来を変えていけるほどの人間へと変化していきます。

 この作品は三部作の構成で、あくまでも後編が続く書き方になっていますが、 一作目だけでも読後感はきあき秀行ワールドを堪能できると思います。

 作品は4月末日から5月中旬あたりの予定です。

   クリスタル・ウインドの次回作にご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です