短篇集 ゆうれいって、いるんですか? 作者からのメッセージ 5

短編集 『ゆうれいって いるんですか?』 あとがきのようなもの 四

 

さて今回は新作の解説の最終回です。

 最後の最後で出来た新作の5作品目なのですが、この作品だけは苦労しました。

 もう題材もアイディアもないのです。何を書けばいいのか・・・

 その時家人が、ニセコのあのホテルのことを書けばと、ヒントをくれました。

 「ああ、あれがあったっけ!」 そこで私は10数年前の出来事を思い出しました。

 今から20年ほど前、5番目の弟子の来未(くるみ)達と日帰り温泉に行った時に、

 ニセコのある老舗温泉で来未(くるみ)が見た幽霊の事案があったのです。

 その旅館も今は廃業して、あの時にいた幽霊はどこに行ったのだろう、というのがきっかけでした。

 廃業した温泉旅館にいた幽霊が、そこが廃業したらどうなるのか。

 そこに留まるのか、はたまた別の環境に引っ越すのか・・・
゛ょ
 この話は8割がた事実です。

 もしルスツから引っ越して来た幽霊を見たければ、北区北34条駅の地下街に行ってみてよ。

 あそこはヤバい。

 地下廃墟の中に、それなりの者はいますから・・・

                               きあき秀行

短篇集 ゆうれいって、いるんですか? – 電子書籍出版 クリスタルウインド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です